アレッサンドロルッピ Alessandro Luppi 18-19AWEXファインメリノウールミドルゲージ立ち襟ニットブルゾン422(ZEGNA BARUFFA) (ライトブラウン) メンズ - B07GW438DY

  • モデル: B07GW438DY
  • 902 在庫量

30,347円  11,384円
割引: 62%OFF

カートに入れる:

選択して下さい:



   Rated 4.89   reviews [240]

  • ■表記44■・肩幅39・胸幅48・袖丈59・着丈62・首高7.5

  • ■表記46■・肩幅40・胸幅50・袖丈60・着丈63・首高7.5

  • ■表記48■・肩幅42・胸幅52・袖丈61・着丈64・首高7.5

  • ■表記50■・肩幅44・胸幅54・袖丈61・着丈65・首高7.5

  • (単位:cm)

  • ご紹介するのは、18-19AWコレクションの『422(BOTTON BLOOSE)』です。 デザインは、伊達男の必須アイテムのひとつ「立ち襟カーディガン」になります。 高さ約7.5センチのスタンドカラーで、首(頭)を通さずに着られるボタンフロントなので、 秋口にはアウターの代わりとして羽織るように着用でき、冬場にはインナーとして活躍します。 ハイゲージニットで作られた従来モデル1230とは違い、ざっくり編み立てられた厚みのある ミドルゲージニットで作られているので、カーディガンというよりむしろブルゾンに近いです。 ZANONE(ザノーネ)のCHIOTO (旧KYOTO)のような汎用性の高いアイテムになります。

    アレッサンドロルッピは、こういったベーシックなニットを作らせたら本当に上手いです。 絶妙な高さがあってシャープに見えるスタンドカラーは、筒状に編み立てられているので 襟がつぶれてみっともなくなることはありません。現代的なスリムフィットなので 脇下がもたつかず、一枚で着たときにスタイリッシュに見えることも魅力です。 これといった特徴はありませんが、とにかくバランスがよく、飽きずに長く着られます。

    ニット専業ファクトリーのオリジナルブランドだけあって作りがすごくいいです。 熟練した職人によるリンキング縫製(袖付け)、立体的なファッションショルダー、 イタリアを代表する名門紡績ゼニア・バルッファ社の高級ウール素材(CASHWOOL)、 悪目立ちしない本体と同色のボタンなど、すべてのディテールに配慮が示されています。 実物を手にした方は、“さすがはニット専業ファクトリーの品だな”と納得するはずです。

    【モデル】
    422(BOTTON BLOOSE)

    【フィット】
    SLIM FIT

    【素材】
    エクストラファインメリノウール100%
    (伊ZEGNA BARUFFA社製CASHWOOL)

    【生地】
    ざっくりしていて厚みのある両畦編み12ゲージニット

    【シーズン】
    秋冬

    【色】
    NOCCIOLA(ライトブラウン)

    18-19AWの新色として登場した、イタリア語で“木の実”を意味する薄くグレーがかったライトブラウンになります。

    【模様】
    無地

    【参考価格】
    28,000円+消費税

    【製造国】
    made in ITALY

    アレッサンドロルッピ Alessandro Luppi / 18-19AW!EXファインメリノウールミドルゲージ立ち襟ニットブルゾン『422(ZEGNA BARUFFA)』 (ライトブラウン) メンズ - B07GW438DY


    B07CQZ8Z7NB07G4TL6GT
    button-top.png